メディカルリンクの特徴

正確なデータを、「見たいときにスグ」

ガイドラインに基づく、多彩な分析画面※日本高血圧学会 高血圧治療ガイドライン2009(JSH2009)※家庭血圧測定の指針 第2版(日本高血圧学会学術委員会家庭血圧部会編集:2011年9月1日)

レギュラー分析エリア

診療日で区切られた期間の「全測定日」または「最新5日間」の平均血圧を棒グラフで表示します。

トレンドグラフエリア

30日~365日まで5段階の切り替え表示が可能です。

トピック分析エリア

10種類のトピック分析から、2種を選んで表示できます。

測定一覧PDF出力例

ガイドラインに基づく、多彩な分析画面

ホーム画面

ホーム画面

患者一覧画面

患者一覧画面

CSV出力:全ての測定データをExelデータなどに変換でき、研究用途や加工にも便利です。

メール送信:メールアドレスを登録している患者さんへのメール送信が可能。通院モチベーション向上に貢献します。※サーバからメールされるため医療施設のアドレスは公開されません。

朝・晩・夜間の血圧の詳細がわかる分析画面

ガイドラインに基づく、多彩な分析画面※日本高血圧学会 高血圧治療ガイドライン2009(JSH2009):JSH2014へは2014年8月頃対応予定 ※家庭血圧測定の指針 第2版(日本高血圧学会学術委員会家庭血圧部会編集:2011年9月1日)

レギュラー分析エリア

朝、晩で測定した血圧に合わせて、「夜間」の期間平均血圧も表示します。

トレンドグラフエリア

30日~365日まで5段階に切り替えて表示することができます。

トピック分析エリア

朝晩血圧は10種類、夜間血圧は4種類のトピック分析画面を表示します。

朝晩血圧分析画面例

ガイドラインに基づく、多彩な分析画面

ホーム画面

患者一覧画面

詳細な分析や的確なアドバイスに役立つ10種のトピック分析画面

患者さんの測定値の変化や測定頻度がひと目でわかるマーク機能を搭載

  • ●マーク:前回と比較して良い方向に向かっているトピックは、●で表示されます。
  • ▲マーク:前回と比較して悪い方向に向かっているトピックは、▲で表示されます。
トピック分析画面

週あたりの測定日数

週あたりの平均測定日数です。JSH2009では週あたり3日以上が推奨されています。受診日で区切られた期間ごとに集計されます。

こんなことが言えます!

朝も夜もきちんと測れるようになってきましたね。この調子です!

週あたりの測定日数

曜日別測定頻度

曜日ごとの測定頻度です。受診日で区切られた期間内の日数に対して、測定された日の比率を曜日別に表示します。

こんなことが言えます!

土日はしっかり測れていますが、平日の測定をもう少しがんばってみてください。

曜日別測定頻度

朝晩平均・朝晩差の変化

早朝高血圧の傾向を、朝と晩の血圧差で見ることができます。受診日で区切られた期間ごとに集計されます。朝晩いずれかの平均値が存在しない期間は表示されません。

こんなことが言えます!

早朝高血圧の傾向がおさまってきましたね。

朝晩平均・朝晩差の変化

頻脈・徐脈の発生状況

100bpmを超える脈拍数および40bpm未満の脈拍数の発生頻度です。受診日で区切られた期間ごとに集計されます。

こんなことが言えます!

晩に脈が速くなった日がありますね。お酒をたくさん飲まれましたか?

頻脈・徐脈の発生状況

初回からの血圧レベルの変化

本サービス利用開始時と比べて、どれだけ降圧したかを収縮期・拡張期血圧同時に確認できます。受診日で区切られた期間ごとに集計されま本サービス利用開始時と比べて、どれだけ降圧したかを収縮期・拡張期血圧同時に確認できます。受診日で区切られた期間ごとに集計されます。

こんなことが言えます!

上の血圧も下の血圧も順調に下がりましたね。

初回からの血圧レベルの変化

血圧平均値(曜日別)

曜日別の血圧平均値です。分析対象期間は、今回診察日から遡って3カ月間です。対象期間中の測定日数が5日未満の曜日は、白抜きのプロットで表示されます。

こんなことが言えます!

月曜日の朝が特に高いですね。お仕事のストレスは多いですか?

血圧平均値(曜日別)

血圧平均値(時間帯別)

3時間ごとの時間帯別の血圧平均値です。分析対象期間は、今回診察日から遡って3カ月間です。対象期間の測定日数が5日未満の時間帯は、白抜きのプロットで表示されます。

こんなことが言えます!

朝の血圧が高いですね。お薬を夜にも分けて飲んでみましょう。

血圧平均値(時間帯別)

血圧平均値(月別)

月別の血圧平均値を、1年前までさかのぼって表示します。昨年との比較や季節変動を見ることができます。測定日数が5日未満の月は、白抜きのプロットで表示されます。

こんなことが言えます!

冬に上がりやすいタイプかも知れませんから、気温の変化に注意しましょう。昨年に比べるとよく下がってきましたね。

血圧平均値(月別)

診察室血圧の推移

診察室血圧を入力することで、診察室血圧とJSH2009による高血圧分類の推移を見ることができます。

こんなことが言えます!

上も下も順調に下がってきています。あと少しで正常粋に入りますよ。

診察室血圧の推移

高血圧のタイプ

診察室血圧を入力することで、持続性高血圧、仮面高血圧、白衣高血圧の分類やその推移を見ることができます。受診日で区切られた期間ごとに集計されます。

こんなことが言えます!

家庭血圧、診察室血圧とも正常粋に到達しましたね。しばらくこの処方で様子を見ましょう。

高血圧のタイプ

夜間血圧グラフ(期間平均)

1時間ごとの時間帯別の血圧もしくは脈拍の平均値です。
夜間血圧変化パターンを把握するのに役立ちます。
夜間の時間帯における赤いラインは夜間高血圧の診断基準を示しています。

こんなことが言えます!

前回より、どの時間帯においても夜間血圧が下がっています。この調子です。

夜間血圧グラフ(期間平均)

夜間血圧グラフ(全測定値)

前回受診日から今回受診日までの期間に計測された夜間血圧の全測定値を、1時間ごとの時間帯別に表示しています。期間内の最大値、最小値を把握するのに役立ちます。

こんなことが言えます!

平均値は問題ないですが、時々夜間血圧がすごく高くなっている時があります。
引き続き、夜間血圧を測りましょう。

夜間血圧グラフ(全測定値)

夜間血圧グラフ(1日)

指定した1日における測定値を表示しています。夜間測定開始から朝起きるまでの血圧および脈拍の推移がわかります。

こんなことが言えます!

この日は朝方にかけて血圧が急上昇しています。お酒をたくさん飲むと朝方の血圧があがるので、控えましょう。

夜間血圧グラフ(1日)

夜間高血圧のタイプ

早朝高血圧と夜間血圧の程度をプロット表示しています。
過去の診察からの改善効果を把握するのに役立ちます。

こんなことが言えます!

夜間血圧も早朝血圧も高い分類に入ります。ただ、目標まではもう少しなので、頑張りましょう。

夜間高血圧のタイプ