メディカルリンクでできること

メディカルリンクは正確な収集データをスピーディに「見える化」することで、個人最適な血圧管理を支援します。

血圧の変化や、患者さんの生活サイクル、曜日、季節による変動、朝晩差などが瞬時に判断できます。

こんな問題解決します

患者さんの自己申告は、最低血圧値を記載しがち。

メディカルリンクなら、「リアルタイムの血圧値」を把握することで正確な診断がしやすくなります。

こんな問題解決します

患者さんによって記入の仕方がバラバラの手書きデータは読みにくい。

メディカルリンクなら、標準化された画像で表示され、変動性が一目で分かるので、データを読みとる手間が省けます。

こんな問題解決します

血圧手帳では、朝晩平均値や早朝高血圧などが把握しにくい。

メディカルリンクなら、
朝晩平均や朝晩差などが一目でわかります。

処方ガイドライン

日本高血圧学会ガイドラインで推奨される
投薬処方を簡単操作で自動表示。

脳心血管リスクチェック

日本高血圧学会のガイドラインにしたがって、患者さんのリスクを層別化。
患者さんの意識付けにも効果的なリスク管理。メディカルリンクでは、危険因子と血圧レベルで定義される日本高血圧学会のリスク層別化を簡便に行えます。パソコン画面に視覚的に表示されるため、患者さんにも効果的に説明できます。

アラート設定

長期の測定し忘れや見逃せない血圧の変動をメールで医師にお知らせします。

※通知メールの送信時刻は0~23時で設定が可能です。

※送信先のメールアドレスは6つまで設定可能です。

見守り機能

患者さんの血圧管理状況を離れた家族にも、メールでお知らせすることができます。

※患者さん側での設定が必要です。

医師と同じ分析画面を共有・確認

夜間血圧測定対応

夜間睡眠時の血圧を自動で測定、自動で送信。

メディカルリンクなら、遠隔でWeb上から、夜間の測定時間、測定パターンを簡単に設定することができ、また、夜間睡眠時の血圧を自動で測定、自動で送信できます。

大学・企業の治験・研究の質を向上

研究サポートプラン

サーバに蓄積されたデータを研究用として活用するプランです。

  • 多くのデータを遠隔でリアルタイムに入手。
  • 患者さん(被験者)の自己申告に影響されない、正確なデータ収集が可能に。
  • CSV形式で測定データを簡単に一括ダウンロードできます。
  • 研究用途に合わせて様々なパターンで運用できます。
  • ※ 費用は内容により異なりますので都度お見積りさせていただきます。
  • ※ 別途システム管理費用、研究用機器設定費用が必要となります。

研究モデルについて詳しくはこちら

研究サポートプラン